ピアノ~いくつになっても成長できるのが嬉しい

更新日:10月21日


今日は生徒さんのレッスン終了後に、

自分のレッスンへ、重松正大先生のお宅に伺いました。

今日はChopinのバラードを中心に、

リストの小品から、生徒さんの指導についてまで、沢山の事を吸収させて頂きました。

私自身、今でも足りないところは沢山感じつつも、少しずつでも歩みを止めない事で、今、大学生の頃より、そして20

代、30代前半の頃よりも、自分の体に吸収出来ているものが増えている実感があり、この先も歩みを止めない限り、進化していけると思っています。

ピアノって、スポーツ等と違って引退ってないんですよね。

ちゃんと上達するポイントが分かっていたり、良い指導者に巡り合えたりすれば、

何歳までだって成長できます。

技術的な事に加えて、その人の色々な経験や、見たもの、感じたもの、

そんな事も糧になります。

だから本当に楽しいです。この歳になると他の事では、自分て成長してるのかな?

むしろ老化が始まってるのかな…なんて思う事もあるのですが、

ことピアノだけは、老化という事を感じません・


もし、今、お子さんの中で、弾きにくいなと悩んでいる方、

大人の女性で、前はもう少し弾けたのに、と少し諦めていらっしゃる方が見て下されば、

是非一緒に頑張りましょう。必ず突破口はあります。



6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

レッスン内容は教室によって違うということ

ピアノのレッスンには 義務教育のような一律の指導要領はありません。 ということは、教室よって、先生によって、全然進め方や内容が違う、 違って当たり前ということになります。 この前も体験レッスンで、 「普段のレッスンと全然ちがう! いつもはこんなに沢山弾かない、 それに上手に弾けた!」と、 びっくりされた小学生さんとお母さまを通して、嬉しくもありましたが、 改めてレッスンの内容の重要性、 そしてそれ