top of page

コロナ禍での発表会


2年に渡るコロナ禍で、前回2020年に行ったコロナ禍の発表会では、

見えないものを恐れながらも、

まだお子さんへの感染例がほとんどなかった時期でした。オンラインレッスンをはじめるたり、発表会を延期したりとこの時も大変ではありましたが、


今回は一気にお子さんに感染が広がった状況での発表会。

準備期間中には、

実際に学級閉鎖になったり、

、濃厚接触者となりお休みを余儀なくされる生徒さん方もいらして、感染していなくてもレッスンが滞る事態に。

そんな中、着実に上手になっていく生徒さんに、頼もしさを感じていました。

きっと本番は大丈夫、

不安になりながらも常に想っていました。

3月に入りほんの少し感染者数が減ってきて、でもまだまだ余談は許されない状況の中、どなたもお休みされずに元気に開催出来たこと、本当にほっとしています。


私自身や私の家族も、元気に過ごせるか、

内心ヒヤヒヤしていましたが、

とーっても元気に迎えることが出来ました!


保護者の皆様におかれましては、

お子様の体調管理、レッスンでの

コロナ対策、ご協力本当に有難うございました。


引き続き、お元気で春休み過ごせますように!!




閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

世界的にご活躍されている 作曲家で指揮者の平井秀明先生が手掛ける、ガルバホール登録アーティストオーディションに合格させて頂きました。 ガルバホールは新宿にあるピアノサロンで、ヴィンテージのベーゼンドルファーのフルコンの温かな響きが魅力的な素敵なホールです。 平井秀明先生は、作曲家である故平井康三郎さんの御孫様です。 平井康三郎さんは、クラシックに詳しくない方でも、耳にすればきっと馴染みの深い作品が

今年度の発表会3月19日(日)に向けて、高学年から順にソロの選曲を生徒さんと行い、今月中には小学生は皆さん選曲を終えて練習に入ります。 幼児さんは状況に応じて決めて参ります。 昨年はソロと連弾を行いましたが、今年は連弾は幼児さんと小学生の始めたばかりの生徒さんの補助的な役割として行うかもしれませんが、 小学生はソロを中心に行いたいと思っております。 理由としましては、 皆さん日頃から練習に励んでお

bottom of page