top of page
  • 執筆者の写真

コンクール前の練習


昨日は生徒さんのコンクール前最後のレッスンでした。

(当日朝もオンラインで1回確認のため演奏を聴かせて貰いますが😊)


本番前最後のレッスンでは、

ホールでの精神状態を想定した

声掛け、イメージトレーニング等も

行いました。


演奏する曲は真珠の様な上品な美しさのある曲。

決して迫力や大きな音はいらない。


だけど大きなホールでの本番では、

こういった曲をいつも通り

美しく弾くのは意外と難しいもの。


迫力を感じるような曲を他人が弾いていると、どうしても気持ちが引きずられやすいのです。

自分も何か特別なことをしなければならないのでは?と。


でも、その曲の特別は「上品さ」「小さな美しさ」にあるのですから、

他の曲とは別物です。


美しい音を出そうとする事、

どうやったら美しい音が出るのか、

それを追求していくと、

結局テクニックが上手くいっていることと全くイコールです。


きっと良い演奏が出来ると思います!



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピアノの上達+α

子供のピアノレッスンには色々なスタイルがあると思います。 例えば私が受けてきた子供の頃のレッスンは所謂スパルタ系レッスンです。 そのレッスンで良かったことと、 悪かったことを考えてみると、、。 良かったことは、、、わかりません。 もしかしてないかもしれません。 ピアノを続けてきたことは私の中で、 一番良かったことですが、 スパルタだから続いたのではなく、 ピアノ自体、音楽自体の魅力が大きいからだと

Comments


bottom of page