top of page

指導要領


今日は午前中からずっと生徒さん一人一人の指導要領の確認です。

今どんな教材を使用していて、

どんなことがこれから出来たら良いか。

一人一人違います。

適時立ち止まって考えていくことで、

自分としてはメリハリある指導が出来るので、大事な時間です。


教材は本当に沢山あります。

昔、大手のお教室で働いていた頃は、

一律の教材をエスカレーター式に

使用していましたが、

やはりピアノという習い事は、

学校教育とは違い、

学年が同じでも習い始めた時期もそれぞれですし、

得意な面もそれぞれ違います。

一人一人に同じような説明をしても、

伝わること、そうでないこともあります。


そんな時に同じようなレベルでも

様々な角度からアプローチするために、

教材を吟味することは大切だと思っています。

色々な教材を知っていること、

使いこなせることは、

私の強みかなとも思います。


今月も生徒さんが良い方向に進みますように。


StellaMusicaピアノ教室

清水真実


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今月は日本バッハコンクール動画大会本選がありました。 私は一般B部門というプロの部門の予選優秀賞を頂き、今回本選へと参加させて頂きました。 本選は代々木八幡にあるハクジュホールというホールでした。 年末体調を崩して1月はなんだか不調からのスタートと、練習が思うように出来ない日々が続きました。 それでもこういう逆境があっても普段は自分を痛め付けて追い詰める方なのですが笑 今回は、自分に優しく、たまに

今日は小5の生徒さんのきらきら星変奏曲のレッスンでした。 今日はオンラインレッスン。 たまにオンラインというのも良いです。 なぜなら、生徒さんのおうちでのピアノの響きの状態を私も一緒に聴くことが出来るからです。 今日はモーツァルトのきらきら星変奏曲のレッスンの中で、音の余韻、響き、音が鳴り響いて減衰していく過程をおうちのピアノでも聴くように意識してもらいました。 例えばフォルテの和音の後に、次の小

bottom of page