top of page

遠方から通って下さっている生徒さん

更新日:2021年4月21日


4月から新しい生徒さんを4名お迎えし、

また在籍されている生徒さんも、

3名レッスン時間の延長希望を頂きました。(その後4名になりました♪)

また、他の習い事や部活との両立を図りながら、それでも遠方から通いたいと言って下さる生徒さんも。

そんな意欲のある生徒さん達と、いつもご理解ご協力を頂いている保護者の皆様に恵まれている事、レッスンをしていてとても励みになっています。

私自身、自分の子育ての中で、保育園や学校、習い事等々、様々な場面で、

「この先生なら安心」、と思える先生に出会わせて頂きました。

逆に少しでも心配な要素があれば、信頼関係を築く事が難しくなってしまうと実感しています。


保護者の方にとって、先生への信頼と安心感は、我が子を託す際に1番重要な事だと思います。


私が高津区から転居する際、

生徒さんの保護者の方に、

「ピアノレッスンは勿論ですが、子供にとって先生との時間が必要だと思っているので、これからも通います」と、レッスンの継続を決めて下さった方、

「子供が通いたいと言ってるので車を買いました!」という方、

「自転車で行けるかどうか試してみます!無理なら電車で行きます!」と、

姉妹で継続してくださっている方等々、

本当に、光栄であると共に身が引き締まる思いでした。


私自身も指導についてだけでなく、人間としても生徒さんや保護者の方に信頼される人でいるため、日々勉強と成長です。

写真は私の出身地北海道です。



閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今月は日本バッハコンクール動画大会本選がありました。 私は一般B部門というプロの部門の予選優秀賞を頂き、今回本選へと参加させて頂きました。 本選は代々木八幡にあるハクジュホールというホールでした。 年末体調を崩して1月はなんだか不調からのスタートと、練習が思うように出来ない日々が続きました。 それでもこういう逆境があっても普段は自分を痛め付けて追い詰める方なのですが笑 今回は、自分に優しく、たまに

今日は小5の生徒さんのきらきら星変奏曲のレッスンでした。 今日はオンラインレッスン。 たまにオンラインというのも良いです。 なぜなら、生徒さんのおうちでのピアノの響きの状態を私も一緒に聴くことが出来るからです。 今日はモーツァルトのきらきら星変奏曲のレッスンの中で、音の余韻、響き、音が鳴り響いて減衰していく過程をおうちのピアノでも聴くように意識してもらいました。 例えばフォルテの和音の後に、次の小

bottom of page