練習の手応え

練習しはじめたばかりの曲においては、時折、私の中では海辺のお砂でお城を作っているような感覚になることがあります。

出来た!と思っても翌日には、

出来なくなっている、、、

まるでお砂で作ったお城がすぐに波に流されてしまうかのように、、、。


でも、音楽を作っていく中で、記憶力や、体に覚えていく感覚は、繰り返す毎に、少しずつお砂のお城ではなくなっていきます。


何度も繰り返していくうちに、やがて確実に、自分のものになり、しっかりとした構造を持った建物になります。


その行程も、凄く楽しくやりがいのあるものです。


楽しいと感じることばかりではないかもしれません。

でも、一瞬でも練習の行程に喜びや楽しさを感じる人は、

この先も必ず大丈夫です!!


結果は後からついてきます。

生徒さんには自信を持って、

練習行程にも楽しんで挑戦してほしいです🎵




閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

楽譜を読みながら弾くということは、 物語や文章を声に出してむことに似ています。 つまり、文章を文節毎に読んでいくように、楽譜もフレーズ毎に、少なくとも小節毎に一息に読む感覚が必要です。 譜読みが出きる人にとってはこれが当たり前なのですが、 譜読みが苦手な人は、 物語を文節としてではなく、あ、い、う、 え、お、、、というように一文字ずつ単語で読んでしまう癖がついている、そんな感覚です。 先を見越して