私自身もとてもためになるレッスンを受けています。

更新日:2021年12月10日


重松正大先生のレッスン動画

動画は先月私が重松正大先生のレッスンを受けたときのものです。

ショパンのballade第3番。

学生以来、あまり弾いてなかった曲、

2回目のレッスンです。


まだまだ、この先深めていきたいところですが、先生のレッスンが素晴らしいので、載せてしまいます。


この他にも、様々な生徒さんのレッスン動画がありますので、是非ご覧下さい。


重松正大先生のレッスンに通い出したのは、大学院を卒業してからです。

通い詰めることが出来た時期もあれば、

なかなか行けない時期もありました。


今も自分のペースではありますが、

1回レッスンを受けると、自分の演奏はもとより、自分の生徒さんへの指導にも良いヒントや影響を頂けるので、

私の生徒さんも知らず知らず重松先生の指導を間接的に受けていますよ😊


実際にレッスンを受講したり、

公開講座なども可能で、

多くのピアノ講師の方、

その生徒さんが、先生を頼っていらっしゃいます。


是非ご興味持って頂けると嬉しいです。







閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

生徒さんの興味、集中ポイントは様々です。 特に子どもの場合には、 観察していれば、 実に可愛らしく明らかに素直に正直に😊そのサインが表情や、 やる気に表れますよね。 先週の土曜も午前中に3名の幼児さんのレッスンがありましたが、 みんなそれぞれ😊 3人ともたまたま同じ曲を取り入れていました。 一人の年中さんは、 その1曲が大のお気に入りになり、 何回も何回も「もう一回弾く!」となり😊 弾くたび

ピアノのレッスンには 義務教育のような一律の指導要領はありません。 ということは、教室よって、先生によって、全然進め方や内容が違う、 違って当たり前ということになります。 この前も体験レッスンで、 「普段のレッスンと全然ちがう! いつもはこんなに沢山弾かない、 それに上手に弾けた!」と、 びっくりされた小学生さんとお母さまを通して、嬉しくもありましたが、 改めてレッスンの内容の重要性、 そしてそれ

手を丸くしたまま固定してては、上手く弾けません。音も固く汚くなってしまいます。 手が丸まったまま、指を曲げたまま弾くと、色々な体の箇所に突っ張り感を覚えます。 この突っ張った感じが、手を痛めたり、もちろん音がキツくなったり、 自分が思っているように旋律を歌えなかったりの原因のひとつです。 手がその様になるのは、腕や手首、体全体にも原因があります。 他の曲でも、どんなレベルでも同じ事です。 レッスン