top of page

発表会講師演奏


保護者の方から講師演奏の

お写真頂きました。

有難うございます🎵

発表会では毎年講師演奏もさせて頂いております。

実は、、いつも今回は忙しくて自分の演奏は無理じゃないかな?と毎回自分に投げ掛けています笑

でもやっぱり、生徒さんと共に自分も成長

したいですし、

自分が練習していると、色々な事が新しく見えてきて、その見えてきたものをそのまま生徒さんにも反映出来ます。

勿論ピアノを弾きたい気持ちも大きいですし。

それから、生徒さんの演奏時の緊張とか、練習での精神状態も、自分が同じ状況だから、手に取るようにわかります。

共感できる状態なので、心の面からもアドバイスしやすいのです。


そんなわけで、当たり前ですが真剣に取り組んでます。

決して子供相手だからと、生易しい曲を選びません笑


真剣に、生徒さんと同じように、弾きたい曲を弾きます。


きっと、聴いてくれているお子さんの中には、知らない曲だな~とか

長いな~とか感じることもあるだろうと思います笑


でもその一方で、こんな風に弾けたらいいな、とか、

先生も真剣に頑張ってるんだな、とか、

この曲は知らなかったけど、なんだか凄く綺麗だなあ、とか感動する場面が一瞬でもあったら、本望なのです。


今回の演奏で感動しました、

うるうるしました、

圧巻でした、なんていう

大変恐縮なご感想を頂いています。

本当に有難うございます。

真剣にやってきて良かったなと

思います。


生徒さんと同じように毎年進化していきたいです。

この先、あと40年以上、80なんさい?までは少なくとも進化していくつもりで頑張りますので、

生徒さんもついてきてね🎵







閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今月は日本バッハコンクール動画大会本選がありました。 私は一般B部門というプロの部門の予選優秀賞を頂き、今回本選へと参加させて頂きました。 本選は代々木八幡にあるハクジュホールというホールでした。 年末体調を崩して1月はなんだか不調からのスタートと、練習が思うように出来ない日々が続きました。 それでもこういう逆境があっても普段は自分を痛め付けて追い詰める方なのですが笑 今回は、自分に優しく、たまに

今日は小5の生徒さんのきらきら星変奏曲のレッスンでした。 今日はオンラインレッスン。 たまにオンラインというのも良いです。 なぜなら、生徒さんのおうちでのピアノの響きの状態を私も一緒に聴くことが出来るからです。 今日はモーツァルトのきらきら星変奏曲のレッスンの中で、音の余韻、響き、音が鳴り響いて減衰していく過程をおうちのピアノでも聴くように意識してもらいました。 例えばフォルテの和音の後に、次の小

bottom of page