発表会はどんな服装?

更新日:3月4日



3月20日に発表会があるので、

初めて出演される生徒の皆さんや

保護者の方からご質問を頂くことが多くなってまいりました 😊

ちなみに今回の写真は参考まで、

叔母のピアノ教室の発表会写真です🌹

真ん中青いドレス私です。

数年前なので下の子赤ちゃん👶


さて、皆さん服装まで真剣に考えてくださり嬉しいです。

ありがとうございます😊


当教室では特に決まりはないのですが、

皆さんの傾向としては、

写真と同じような感じで、

女の子はドレスやワンピース、

男の子はワイシャツやブレザーです。


今はネットでも手頃なもので

おしゃれなものも

とーっても沢山ありますよね🎵

見ているだけで楽しいです。

すぐサイズアウトするので、

私個人的には高価なものは

必要ないかなと思います。


高学年くらいから大人の方は、

意外と当日になってご本人が気になるのが、スカートの丈です。

思いの外ステージは高いですので、

出来れば膝下~ロングがベストです。


意外とピアノって足も使うんですよね。

ペダルの操作は勿論ですが、

体を支えるために足を結構開いたりもします。


お子さんのドレスは、チャックの部分や

ペチコートがチクチクすることもあるので、必ず本番前に何度かおうちで着用して練習することをお薦めします🎵


男の子も女の子も、

会場の暑さ寒さ対策で、

カーディガンや、脱ぎ着出来るようにしておくと良いです。


靴も出来れば履いてみた方が良いです。

特にペダルを踏む場合は、

踏む感覚が普段と異なる場合があるので、

是非試してみてください。


サンダル、ミュール、厚底等は

演奏もしにくく、小さなお子さんは

転倒の危険もあるので、

避ける方が無難ですね😊


最後に、

本番前は、学年問わず、

定期的に本番の服装で

通し練習(出入りや、椅子に座るところ、最後のお辞儀も含め)をすることを

お薦めします。

モチベーションも上がりますし、

一連の流れを把握することで、

当日の余計な緊張も減ります。


今時期は、通して弾くとまだ

止まってしまったり、

覚えていないところもあるかもしれません。

今のうちにそれをわかっておくこと、

そこを中心に練習することで、

更に上達します😊


レッスンでも3月はこれから、

リハーサル的な内容も取り入れます🎵








閲覧数:83回0件のコメント

最新記事

すべて表示