ピアノの弾きにくさの原因

速いパッセージで弾きにくいと感じることは多いと思います。

基本的にだいたいの原因はまず

鍵盤に指が沈み混んでしまっている箇所が見られる場合です。

それが全部の音なのか、もしくは指をくぐるときの親指が特に沈む等、実際に弾いているところを見てみないことには分かりませんが、鍵盤に沈もうとする指を手のひらや、腕、肩でいつも自然に支えている感覚が最終的にはつくといいなと思います。

ひとつのパッセージはいくつかに分解できます。分解せずに一気に弾こうとするとだいたい沈みこみます。

音階を弾くにも、ドレミ、とファソラシドで分かれている感覚。

このときミの音は3の指ですが、そこが沈みこまず(押さえ込まず)、反射的に放つような練習(最終的にはドレミファソラシドとつながるけれども)が必要で、

決してリズム練習や指の体操でどうにかなるものではありません。




それから指の第2関節の突っ張りといえば良いでしょうか。

きゅっと指の筋肉を収縮させてしまう、

これは、ハノン等を真面目に?やらされているとたいていついてしまいます。

ハノンが悪いわけではありません。

指の筋肉を収縮させながら頑張らせることが悪いです。

カチカチの指の出来上がりになってしまいます。


例えいまそうなっていたとしても、

必ず変えることは出来ます。





閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

世界的にご活躍されている 作曲家で指揮者の平井秀明先生が手掛ける、ガルバホール登録アーティストオーディションに合格させて頂きました。 ガルバホールは新宿にあるピアノサロンで、ヴィンテージのベーゼンドルファーのフルコンの温かな響きが魅力的な素敵なホールです。 平井秀明先生は、作曲家である故平井康三郎さんの御孫様です。 平井康三郎さんは、クラシックに詳しくない方でも、耳にすればきっと馴染みの深い作品が

今年度の発表会3月19日(日)に向けて、高学年から順にソロの選曲を生徒さんと行い、今月中には小学生は皆さん選曲を終えて練習に入ります。 幼児さんは状況に応じて決めて参ります。 昨年はソロと連弾を行いましたが、今年は連弾は幼児さんと小学生の始めたばかりの生徒さんの補助的な役割として行うかもしれませんが、 小学生はソロを中心に行いたいと思っております。 理由としましては、 皆さん日頃から練習に励んでお

https://youtu.be/92vgwc17PYE 山岡先生には、大学院の授業とその後個人的にレッスンして頂いていた数年間大変刺激的で芸術性溢れるご指導をして頂きました。 そんな山岡優子先生の演奏が聴きたくてふいに検索したら、 偶然凄い演奏が聴けました。 全部の曲に感動、共感、憧れ、喜びが溢れました。 生前、生演奏は何度も聴いていますが、 こうして貴重な録音が残っていることに、物凄く感謝しま