top of page

幼児期のピアノ~遊びの先にあるもの

更新日:2022年3月1日



幼児期のピアノレッスン、

特に初歩の初歩は遊び感覚で、

本人が楽しい、なんだろう?と興味を持ちながら進めることが私のレッスンの大前提です。

しかし、この遊びには沢山の仕掛けがあります。

いつしかお子さんの成長と共に、

この遊びが、ピアノを無理なく楽しく弾く技術へと実を結ぶための、

見えない糸を張り巡らせるような作業です。


メトードローズという楽譜は、

私も幼児の頃に使用しましたが、

やっぱり良く出来ています。

右手のメロディは、豊かに奏でる腕や体全体にも気を配ります。

左手もありがちな伴奏型に留まらず、

右手同様にメロディを奏で、

柔軟な頭と耳を養います。


普段、幼児の生徒さんには少し読みにくい所もあるので、使わない事も多かったのですが、やはり必要な事が沢山鏤められていて、最近またレッスンでも取り上げるようにしています。


幼児さんでも楽譜をしっかり読み、

集中して練習出来るようになるには、

特別なことはいりません。

少しずつ、楽しいと思えるレッスンの中で、集中力、根気を身に付けて、

お家での練習を習慣化すること。

又、挑戦したいと思える前向きな気持ちを保てるよう、保護者の方にもいつも温かく応援頂いています。






閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今月は日本バッハコンクール動画大会本選がありました。 私は一般B部門というプロの部門の予選優秀賞を頂き、今回本選へと参加させて頂きました。 本選は代々木八幡にあるハクジュホールというホールでした。 年末体調を崩して1月はなんだか不調からのスタートと、練習が思うように出来ない日々が続きました。 それでもこういう逆境があっても普段は自分を痛め付けて追い詰める方なのですが笑 今回は、自分に優しく、たまに

今日は小5の生徒さんのきらきら星変奏曲のレッスンでした。 今日はオンラインレッスン。 たまにオンラインというのも良いです。 なぜなら、生徒さんのおうちでのピアノの響きの状態を私も一緒に聴くことが出来るからです。 今日はモーツァルトのきらきら星変奏曲のレッスンの中で、音の余韻、響き、音が鳴り響いて減衰していく過程をおうちのピアノでも聴くように意識してもらいました。 例えばフォルテの和音の後に、次の小

bottom of page