top of page

幼児さんの手作りレッスン


幼児さんのレッスンでは、もうずーっと使用している音符カード♡

手作りでもうかなり使用感ありますが、

初歩のレッスンで大活躍しています。


初歩のレッスンでは、各音符に色をつけて、小さなお子さんでも、音符がわかりやすいように工夫しています。


そのためカードも各音符に色を付けてあります。


これをピアノの音を聴きながら

ドレミファソラシドと順番に並べてみたり、

時には音階を階段に見立てて、 この上を歩きながら歌ってみたり、

と使い方はお子さんの興味に応じて様々。

クイズ形式で、ピアノの音を聴いて

耳にしたカードを取りに行く!なども、

幼児さんにとっては、楽しみながら音階を覚えるきっかけとなっています。


お子さんはやはり楽しい!と思ったとき、気持ちも集中力も高まりますね😊


幼児さんは特に楽しい!のパワーがレッスン全体に大きく左右する年齢です😊


楽しみながら、しかし少しずつじわじわ出来ることは増やしてあげたいと思います😊



閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今月は日本バッハコンクール動画大会本選がありました。 私は一般B部門というプロの部門の予選優秀賞を頂き、今回本選へと参加させて頂きました。 本選は代々木八幡にあるハクジュホールというホールでした。 年末体調を崩して1月はなんだか不調からのスタートと、練習が思うように出来ない日々が続きました。 それでもこういう逆境があっても普段は自分を痛め付けて追い詰める方なのですが笑 今回は、自分に優しく、たまに

今日は小5の生徒さんのきらきら星変奏曲のレッスンでした。 今日はオンラインレッスン。 たまにオンラインというのも良いです。 なぜなら、生徒さんのおうちでのピアノの響きの状態を私も一緒に聴くことが出来るからです。 今日はモーツァルトのきらきら星変奏曲のレッスンの中で、音の余韻、響き、音が鳴り響いて減衰していく過程をおうちのピアノでも聴くように意識してもらいました。 例えばフォルテの和音の後に、次の小

bottom of page