top of page

保育士の生徒さん卒園式での演奏大成功♪

更新日:2021年3月19日


保育士をされている生徒さん(生徒のお母様)が先日、オンライン卒園式で園児たちのピアノ伴奏をされました。

この数ヶ月、毎週お子さんのレッスンとは別のお時間に伴奏のレッスンに熱心に通われました。

途中から緊急事態宣言となり、少しご自宅が遠いこともあり、オンラインレッスンも併用されながら、毎週毎週着実に上達され、先日の本番ではなんとノーミスで演奏出来たとのことで、わざわざメールを頂きました😊


弾きにくい箇所は、レッスンの中で私が音を減らしたり編曲したりしながら、

行いましたが、何より生徒さんの毎週の努力の積み重ねが素晴らしかったです。


保育士さんの伴奏レッスンでは、

課題曲の編曲をアドバイスしたり、

模範演奏を録音してお渡ししたり、

本番に向けての緊張してもなんとか通して弾けるようにするための練習方法などをお伝えしています。


伴奏は自分の演奏に余裕がないと、

子供達の声を聴く余裕が生まれないので、合わせることも大変になってしまいます。

しかし、レッスンでは諸々のコツ・ポイントをしっかり押さえてもらい、

余裕を持って対応出来るようにしていきます!


保育士さんは、毎日の子供達のお世話だけでも大変なお仕事な上に、

ピアノ練習にも時間を割かれるので、本当にお一人では大変だと思います。

レッスンで是非伴奏のコツを沢山掴んで頂き、子供達との園生活がより素敵なものになりますよう、お手伝い出来れば嬉しいです♪


単発レッスンも行っていますので、お気軽にご相談下さい♪




閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今月は日本バッハコンクール動画大会本選がありました。 私は一般B部門というプロの部門の予選優秀賞を頂き、今回本選へと参加させて頂きました。 本選は代々木八幡にあるハクジュホールというホールでした。 年末体調を崩して1月はなんだか不調からのスタートと、練習が思うように出来ない日々が続きました。 それでもこういう逆境があっても普段は自分を痛め付けて追い詰める方なのですが笑 今回は、自分に優しく、たまに

今日は小5の生徒さんのきらきら星変奏曲のレッスンでした。 今日はオンラインレッスン。 たまにオンラインというのも良いです。 なぜなら、生徒さんのおうちでのピアノの響きの状態を私も一緒に聴くことが出来るからです。 今日はモーツァルトのきらきら星変奏曲のレッスンの中で、音の余韻、響き、音が鳴り響いて減衰していく過程をおうちのピアノでも聴くように意識してもらいました。 例えばフォルテの和音の後に、次の小

bottom of page