top of page
  • 執筆者の写真

リトミック要素も取り入れた幼児ピアノレッスン

更新日:2021年11月29日


昨今リトミックという言葉がかなりメジャーになりました。

もともと音楽教室やピアノ教室では、

幼児さんにリトミック要素を取り入れたレッスンを行っていると思うのですが、

昨今は、リトミックのみのレッスンもあるようです。


リトミックレッスンは1、2才の、

まだピアノ・その他の楽器レッスンが

難しいお子様には、大変適していると思います。

音楽に触れながら体を動かしたり、

リズム遊びをしたり。

知育の一環ですね。


私自身も、1、2歳さんのリトミックレッスンを将来的に当教室でも取り入れたいなと考えたりもします。


一方で、当教室で行っている3歳からのピアノレッスンでは、リトミック要素も取り入れたレッスンを行っております。


3歳さんは、幼稚園や保育園でもお歌やリズムなど、少なからずリトミック的な事を行っていますし、

先生のお話を聞いたり、言葉を理解して簡単な行動を取ることが出来るようになってくる頃ですので、

個人ピアノレッスンが成り立つ頃です。


年齢的に、リトミックだけでなく、

実際にピアノに触れて、

リトミックを生かしていける時です。

又、本物のピアノの音色を聴き、

様々な感性を自然と吸収していけるときです。


小さな子どもの吸収力、記憶力には

びっくりしますね♪


幼児さんの頃から実際にピアノが弾けるようになると、その後の伸びしろは大いに広がりますね♪


写真は3歳さんのレッスン♪





閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピアノの上達+α

子供のピアノレッスンには色々なスタイルがあると思います。 例えば私が受けてきた子供の頃のレッスンは所謂スパルタ系レッスンです。 そのレッスンで良かったことと、 悪かったことを考えてみると、、。 良かったことは、、、わかりません。 もしかしてないかもしれません。 ピアノを続けてきたことは私の中で、 一番良かったことですが、 スパルタだから続いたのではなく、 ピアノ自体、音楽自体の魅力が大きいからだと

トバイアスマテイコンクール予選通過

お二人の生徒さんがトバイアスマテイコンクールの予選を通過し、本選(最終選考)に挑戦することになりました。 おめでとうございます✨ お二人とも共通して、 演奏を熱心に楽しみながら、 ご自分で頑張って楽譜を読んで難しい曲に立ち向かい、 レッスンでは音楽の表現を追及していく気持ちを諦めずに持ち続けて挑まれました。 後は1月の本選まで、じっくりとご自分の演奏を磨くのみです。 そのために私もしっかりと学んで

全日本ピアノコンクール全国大会へ

生徒さんお一人が全日本ピアノコンクール全国大会への審査に通過致しました。 はじめてのコンクール、予選、ブロック大会と通過する度にドキドキだったと思います。 昨日の夕方、ホームページ上での結果待ち、またまたドキドキしましたが、よかったですね✨ おめでとうございます✨ コンクールは生徒さんと保護者の方が希望された場合に、 課題曲や時期を考慮してご提案しています。 昨日までのおさらい会で、 人前で演奏す

Comments


bottom of page