リトミック要素も取り入れた幼児ピアノレッスン

更新日:5日前


昨今リトミックという言葉がかなりメジャーになりました。

もともと音楽教室やピアノ教室では、

幼児さんにリトミック要素を取り入れたレッスンを行っていると思うのですが、

昨今は、リトミックのみのレッスンもあるようです。


リトミックレッスンは1、2才の、

まだピアノ・その他の楽器レッスンが

難しいお子様には、大変適していると思います。

音楽に触れながら体を動かしたり、

リズム遊びをしたり。

知育の一環ですね。


私自身も、1、2歳さんのリトミックレッスンを将来的に当教室でも取り入れたいなと考えたりもします。


一方で、当教室で行っている3歳からのピアノレッスンでは、リトミック要素も取り入れたレッスンを行っております。


3歳さんは、幼稚園や保育園でもお歌やリズムなど、少なからずリトミック的な事を行っていますし、

先生のお話を聞いたり、言葉を理解して簡単な行動を取ることが出来るようになってくる頃ですので、

個人ピアノレッスンが成り立つ頃です。


年齢的に、リトミックだけでなく、

実際にピアノに触れて、

リトミックを生かしていける時です。

又、本物のピアノの音色を聴き、

様々な感性を自然と吸収していけるときです。


小さな子どもの吸収力、記憶力には

びっくりしますね♪


幼児さんの頃から実際にピアノが弾けるようになると、その後の伸びしろは大いに広がりますね♪


写真は3歳さんのレッスン♪





2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

同じ曲でも生徒さんによってレッスンは色々

生徒さんの興味、集中ポイントは様々です。 特に子どもの場合には、 観察していれば、 実に可愛らしく明らかに素直に正直に😊そのサインが表情や、 やる気に表れますよね。 先週の土曜も午前中に3名の幼児さんのレッスンがありましたが、 みんなそれぞれ😊 3人ともたまたま同じ曲を取り入れていました。 一人の年中さんは、 その1曲が大のお気に入りになり、 何回も何回も「もう一回弾く!」となり😊 弾くたび

レッスン内容は教室によって違うということ

ピアノのレッスンには 義務教育のような一律の指導要領はありません。 ということは、教室よって、先生によって、全然進め方や内容が違う、 違って当たり前ということになります。 この前も体験レッスンで、 「普段のレッスンと全然ちがう! いつもはこんなに沢山弾かない、 それに上手に弾けた!」と、 びっくりされた小学生さんとお母さまを通して、嬉しくもありましたが、 改めてレッスンの内容の重要性、 そしてそれ

生徒さんコンクール優秀賞頂きました

某コンクールを受けた 当教室の小学生の生徒さんが、 優秀賞を頂きました😊 次はファナルに進出です。 コンクールは結果そのものよりも、 それを目指す過程で学んだ 沢山の表現方法(演奏技術)を習得すること、自分で曲のイメージを持ってそしてその事を今後の演奏にも生かしていけるようにと思っています。 ファイナルに進ませて頂けることで、またこの1ヶ月、演奏の変化があると思います。 同じ曲を長い期間練習し、