top of page

リトミック要素も取り入れた幼児ピアノレッスン

更新日:2021年11月29日


昨今リトミックという言葉がかなりメジャーになりました。

もともと音楽教室やピアノ教室では、

幼児さんにリトミック要素を取り入れたレッスンを行っていると思うのですが、

昨今は、リトミックのみのレッスンもあるようです。


リトミックレッスンは1、2才の、

まだピアノ・その他の楽器レッスンが

難しいお子様には、大変適していると思います。

音楽に触れながら体を動かしたり、

リズム遊びをしたり。

知育の一環ですね。


私自身も、1、2歳さんのリトミックレッスンを将来的に当教室でも取り入れたいなと考えたりもします。


一方で、当教室で行っている3歳からのピアノレッスンでは、リトミック要素も取り入れたレッスンを行っております。


3歳さんは、幼稚園や保育園でもお歌やリズムなど、少なからずリトミック的な事を行っていますし、

先生のお話を聞いたり、言葉を理解して簡単な行動を取ることが出来るようになってくる頃ですので、

個人ピアノレッスンが成り立つ頃です。


年齢的に、リトミックだけでなく、

実際にピアノに触れて、

リトミックを生かしていける時です。

又、本物のピアノの音色を聴き、

様々な感性を自然と吸収していけるときです。


小さな子どもの吸収力、記憶力には

びっくりしますね♪


幼児さんの頃から実際にピアノが弾けるようになると、その後の伸びしろは大いに広がりますね♪


写真は3歳さんのレッスン♪





閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は小5の生徒さんのきらきら星変奏曲のレッスンでした。 今日はオンラインレッスン。 たまにオンラインというのも良いです。 なぜなら、生徒さんのおうちでのピアノの響きの状態を私も一緒に聴くことが出来るからです。 今日はモーツァルトのきらきら星変奏曲のレッスンの中で、音の余韻、響き、音が鳴り響いて減衰していく過程をおうちのピアノでも聴くように意識してもらいました。 例えばフォルテの和音の後に、次の小

レッスンとは関係のないところでなのですが、自分の中で人に言われて落ち込む事がつい最近ありまして、それを機会に色々と考えてみました。 言葉の威力って本当に凄いですね。 身体の不調まで引き起こしますね。 しかも、その身体の不調がその言葉のせいだったのか、ってことは、後でわかりました。 気分転換をしてもだめ、運動しても、 美味しいものを食べても一過性で、また どんよりとした気持ちを抱えていました。 実は

bottom of page