top of page

ピアノ練習の先にある楽しさ


どんな芸事も、そして、勉強や仕事にしても、才能やセンスはひとそれぞれあるだろうと思います。

しかし、それを生かすためにもまずは、

とにかく練習の積み重ね、勉強も仕事も小さなことの積み重ね。ですね。


「楽しい」ということは、決して楽【ラク】

だと、いうこととは簡単には結び付かない。そう思います。

勿論、初歩においては音楽の楽しさは、人に与えてもらうものかもしれません。


でも、

本当の楽しさが分かるのは、その先に何があるのかを自分で努力して味わうことが出来た瞬間なのです。


その繰り返しが、練習やレッスンの質をも変えます。

こうなると、努力することが苦労ではなくなってきます。


お子さんの年齢や性質にもよりますが、少しずつ少しずつ、そんな努力の楽しさ、その先の音楽の楽しさ、

感じてもらえたら嬉しいです。


写真は週末に恩師重松先生の発表会に参加させて頂いたときの私です♪

私自身はピアノが大好き、ずーっと生きてる限り勉強、

上達がモットーです。



StellaMusicaピアノ教室

清水真実





閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今月は日本バッハコンクール動画大会本選がありました。 私は一般B部門というプロの部門の予選優秀賞を頂き、今回本選へと参加させて頂きました。 本選は代々木八幡にあるハクジュホールというホールでした。 年末体調を崩して1月はなんだか不調からのスタートと、練習が思うように出来ない日々が続きました。 それでもこういう逆境があっても普段は自分を痛め付けて追い詰める方なのですが笑 今回は、自分に優しく、たまに

今日は小5の生徒さんのきらきら星変奏曲のレッスンでした。 今日はオンラインレッスン。 たまにオンラインというのも良いです。 なぜなら、生徒さんのおうちでのピアノの響きの状態を私も一緒に聴くことが出来るからです。 今日はモーツァルトのきらきら星変奏曲のレッスンの中で、音の余韻、響き、音が鳴り響いて減衰していく過程をおうちのピアノでも聴くように意識してもらいました。 例えばフォルテの和音の後に、次の小

bottom of page