top of page
  • 執筆者の写真

ピアノをやっていて良かった①

ピアノをやっていて良かったなあーと心底思います♪

毎日ピアノが弾けて本当に幸せです。


子供の頃は音楽は好きだけど、練習嫌いで、レッスンは厳しくて人見知りの私は毎週場面緘黙症、何年経っても一言も先生と口をきかず笑、


音大にも行く気もありませんでした。

コンクール等も参加するような感じのレッスンでしたけど、私自身何の欲もなく。

それでも最近実家に帰ったら、コンクールの盾やらトロフィーやらが出てきて、なんだ意外と自分も頑張ってたんだなあ、なんて子供時代の自分を誉めてあげました。


高1の頃、音大も最初は先生と親の薦めです。

しかし、大学見学に行って全てが変わりました!

この世界に入りたい、強くそう思いました。

実際に入ることが出来た音楽の世界(大学)、馴染めなくて最初はもがいていましたが、最終的には大学院に行きたいと思う程、追及が止まらず!


やればやるほど面白いし、

同時に自分の未熟さを感じ、

まだまだやれることがある!という

気持ちにさせてくれる音楽の世界、

人との比較ではなく、

自分の音楽を見つめ、磨いていく感覚。


卒業してもまだまだ足りないことばかり。まだまだ磨きたい。


数多くの優秀で有名な先生との出会いの中で様々な考え方、音楽性を学ばせて頂き、中でも重松正大先生には

卒業後から現在に至るまで、

自分の演奏が40.50.60代とまだまだ伸びていけると思える一番の要因が、

先生に出会えた事です。


レッスンに沢山通えるわけではないですが、今でもレッスンに伺えばいつでも、昨日より今日、今日より明日というように伸びていける、そんな感覚です。


新米講師だった頃、

「先生にとってのゴールは何ですか?」と、京大出身の優秀な生徒さんに聞かれた事があって、今でもたまに自問自答してみるのですが、

やっぱり、今も昔も答えは変わらず、、、


「ゴールは、、、、、、






ない!」です!



練習や本番で良くできたことはひとつひとつ喜びながらも、でももっと綺麗に弾きたい、もっと作曲家を深く知りたい、

もっと、もっと、と新しい意欲が湧くのでゴールはないのです。


生徒さんの中で、将来大人になってここまでピアノが生活の一部になる方というのは、きっと一握りかもしれません、それでもこの魅力は伝えずにはいられませんね♪


StellaMusicaピアノ教室

清水真実






閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ピアノの上達+α

子供のピアノレッスンには色々なスタイルがあると思います。 例えば私が受けてきた子供の頃のレッスンは所謂スパルタ系レッスンです。 そのレッスンで良かったことと、 悪かったことを考えてみると、、。 良かったことは、、、わかりません。 もしかしてないかもしれません。 ピアノを続けてきたことは私の中で、 一番良かったことですが、 スパルタだから続いたのではなく、 ピアノ自体、音楽自体の魅力が大きいからだと

新年度少しずつアップしよう

4月から様々な環境の変化があった生徒の皆さん、学年が上がりクラスが変わったり、お勉強の時間も長くなったり、 今年はなんだか寒暖差も激しくて、 大人でも身体と心がついていかない、 そんな日々もありますよね。 当教室の場合、3月が発表会なので、 4月、5月は練習で張り詰めていた心が一番緩むときとも言えます。 私自身もピアノを長く続けていますので、実感としてありますが、 張り詰めた後には絶対緩んだ方が良

コンクールでの受賞

今月は日本バッハコンクール動画大会本選がありました。 私は一般B部門というプロの部門の予選優秀賞を頂き、今回本選へと参加させて頂きました。 本選は代々木八幡にあるハクジュホールというホールでした。 年末体調を崩して1月はなんだか不調からのスタートと、練習が思うように出来ない日々が続きました。 それでもこういう逆境があっても普段は自分を痛め付けて追い詰める方なのですが笑 今回は、自分に優しく、たまに

Kommentare


bottom of page