チェンバロ~ピアノの歴史

金曜日のおさらい会で少し触れましたが、ピアノという楽器は長い年月をかけて今日の楽器として進化を遂げてきました。

16世紀、バッハの時代にはまだピアノはなくチェンバロやクラヴィコード、パイプオルガン等の楽器が主流でした。

(今日でも演奏されています)


1709年にイタリアのクリストフォリによってフォルテピアノが発明されました。


この頃のフォルテピアノも先のチェンバロ等の楽器も、音を聴いてみると分かりますが、現代のピアノの音とは随分違いますね。


今日、私達がバッハやモーツァルトその他、様々な時代の作曲家の作品を学ぶとき、その当時の楽器がどんなものであったか、ということは、演奏する上でとても大切な知識となります。


ピアノは弦をハンマーが打つことによって音がなる仕組みですが、チェンバロは弦を爪で弾いて音が鳴ります。

音の出し方も違えば当然音の響き方も音色も違います。


楽器の博物館も日本にはいくつかあります。

始めて行った方はとってもびっくりするのではないでしょうか。

本当に様々なピアノに近い形の楽器があるんですよね。


チェンバロは、国によっても装飾の雰囲気が違ったりして、見ているだけでも美しく楽しいです。


今日はYAMAHA

https://www.yamaha.com/ja/musical_instrument_guide/piano/structure/

とKAWAIの楽器の歴史についてのサイト

https://www.kawai.jp/ryuyofactory/history/

YouTubeでチェンバロ奏者の植山けいさんのURLを記載させて頂きたいと思います。

植山けいさんのYouTube

https://youtu.be/i7gRBN3fFA4

の中に、子供向けの楽器の歴史等の動画もありました。

とても分かりやすく、実際の音も聴けるので勉強になります。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

世界的にご活躍されている 作曲家で指揮者の平井秀明先生が手掛ける、ガルバホール登録アーティストオーディションに合格させて頂きました。 ガルバホールは新宿にあるピアノサロンで、ヴィンテージのベーゼンドルファーのフルコンの温かな響きが魅力的な素敵なホールです。 平井秀明先生は、作曲家である故平井康三郎さんの御孫様です。 平井康三郎さんは、クラシックに詳しくない方でも、耳にすればきっと馴染みの深い作品が

今年度の発表会3月19日(日)に向けて、高学年から順にソロの選曲を生徒さんと行い、今月中には小学生は皆さん選曲を終えて練習に入ります。 幼児さんは状況に応じて決めて参ります。 昨年はソロと連弾を行いましたが、今年は連弾は幼児さんと小学生の始めたばかりの生徒さんの補助的な役割として行うかもしれませんが、 小学生はソロを中心に行いたいと思っております。 理由としましては、 皆さん日頃から練習に励んでお

https://youtu.be/92vgwc17PYE 山岡先生には、大学院の授業とその後個人的にレッスンして頂いていた数年間大変刺激的で芸術性溢れるご指導をして頂きました。 そんな山岡優子先生の演奏が聴きたくてふいに検索したら、 偶然凄い演奏が聴けました。 全部の曲に感動、共感、憧れ、喜びが溢れました。 生前、生演奏は何度も聴いていますが、 こうして貴重な録音が残っていることに、物凄く感謝しま