おうちでのピアノ練習について

ご質問が多いおうちでの練習についてですが、

毎日出来る方はもちろん毎日沢山練習してくださるとうれしいです。

私の生徒さんは、実はあまり練習しなくて困るということはなく、

皆さんなぜか楽しそうに練習してくださるお子さんが多いのも事実です。

レッスンでの「ピアノって楽しい!」と思う気持ちが、

おうちでの練習のモチベーションなのかもれません。


幼児さんや小学生の生徒さんは、まずはご家庭での毎日10~30分の

練習を習慣に出来ると良いです。


そして練習時間より更に大事にしたいのが、練習の質です。

ご家庭での練習の質をよくする事が私の役目だと思っています。

その意味でも私は1回1回のレッスンを非常に大事にしています。


レッスンでは、小さなお子様は特に、ご家庭での復習がしやすいレッスンを

心掛けています。

保護者の方にもお力をお借りする場合も多々あると思います。

宿題を保護者の方にお伝えし、多少はご家庭で見て頂く場面があると思います。


少し大きくなってくると、一人で練習出来る様になります。

小1、2年頃でしょうか。

その時には、お子様自身の記憶にしっかり残るレッスンを心掛けます。

難しい言い回しや理屈はなるべく避けて(幼児さんももちろんですが)、

その子自身が理解できる方法を探りながら、楽しくレッスンすることで、

おうちに帰ってもフィードバックしやすくなります。


各自の年齢や性格、その時々の集中力に応じて柔軟にレッスンし、

ご家庭での練習をサポートしていきます。





50回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

同じ曲でも生徒さんによってレッスンは色々

生徒さんの興味、集中ポイントは様々です。 特に子どもの場合には、 観察していれば、 実に可愛らしく明らかに素直に正直に😊そのサインが表情や、 やる気に表れますよね。 先週の土曜も午前中に3名の幼児さんのレッスンがありましたが、 みんなそれぞれ😊 3人ともたまたま同じ曲を取り入れていました。 一人の年中さんは、 その1曲が大のお気に入りになり、 何回も何回も「もう一回弾く!」となり😊 弾くたび

レッスン内容は教室によって違うということ

ピアノのレッスンには 義務教育のような一律の指導要領はありません。 ということは、教室よって、先生によって、全然進め方や内容が違う、 違って当たり前ということになります。 この前も体験レッスンで、 「普段のレッスンと全然ちがう! いつもはこんなに沢山弾かない、 それに上手に弾けた!」と、 びっくりされた小学生さんとお母さまを通して、嬉しくもありましたが、 改めてレッスンの内容の重要性、 そしてそれ